· 

お蚕さま

夏休みのはじめごろに、長女がカイコの卵をもらってきました

やがて、小さな黒い幼虫が生まれ

若い桑の葉をちぎりながらあたえていると

どんどんと大きくなり

日に桑の葉50枚くらいを食べるまでになりました

夜には、静かなリビングに、ポリポリという桑の葉を食べる音が響きます

結局、夏休みのあるあるで、父親がお世話係に、、

でも、お蚕様、都会の人のペットによいかも

成長が目に見えるし、静かだし、、あんがい可愛いし

人工飼料があれば、、てすでに販売されている(;゚Д゚)ビックリ

 

子供の頃、父親の職場でお蚕様をよく見ていたので、お蚕様(のフン)のにおいをかぐと、なんとなく幼少期を思い出す
杉並区の官舎や父の職場、妙法寺の鈴、、

子供の頃の遊び場は、今は杉並区立の公園になっていることを何年か前に知った

いつか訪れてみたいものです

 

さて、あとは、卵を産ませるか否か、それが問題だ、、(無限ループになるかも、、)

 

守山

 

Access

農業環境工学科

TEL:028-649-5507

メールアドレスはこちらから

 

宇都宮大学農学部農業環境工学科

農村生態工学研究室

(峰第一号館南棟4階)

 

〒321-8505

栃木県宇都宮市峰町 宇都宮大学


桜と鯉のぼり
桜と鯉のぼり

河岸の桜と鯉のぼり

両生類の調査の途中で出逢いました

コイ科の魚類の口の形を巧妙に取り込んだ鯉のぼりの造形

先人のセンスに脱帽です